ダイエット基本知識

ダイエット基本知識のページでは、ダイエットを始める前の基本を紹介していきます。実際あたくしジーナがどうやって、1年半で25キロのダイエットに成功しその後もリバウンドしなかったのか。どんなことが大切なのかなど秘策がつまっています。ダイエットの基本知識がしっかり理解できたら、自分のペースでダイエットを始めよう。そして、産後ダイエットですが女性にとっては大きな問題です。何からはじめればいいのか、子育てしながらのダイエット。開いている時間をどう有効的に使うか、産後太り解消法もお教えします。

ダイエット基本知識自分のサイズを知る

*ダイエットを固く決心したら、まずはじめにお気に入りのノートを用意してください。1センチ以上の分厚い物がおススメです。大学ノートのように適当に落書きできるようなものではなく、本当に気に入ったノートで丁寧に使えるものにしてください。

*ノートのタイトルは自分で決めてください 「成功ダイエット」「美脚ノート」「私は綺麗」etc

*一番初めに、自分のサイズを正確に測る。身長・体重。。。

*自分のサイズをノートに記入し、目標を横に書きます。そのときに目安となるのが、標準体重や美容体重です。

ダイエットの基本知識

 Yahoo japan beautyより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の目標サイズをノートに書いたら、さあダイエットのはじまりです

ダイエット基本知識水を飲む

ダイエットの第一歩を踏み出した人は、「水を飲むこと」です。。これができないとなかなかダイエットがスムーズに行われません。体の中の血液の流れ、老廃物の流れをスムーズにするためには「水」はかかせないのです。便秘症の人冷え性の人浮腫みやすい人などは、特に水分摂取が少ないのではないかと考えます。ダイエットに成功し、いつまでも若々しい女性は必ず食事の前に水を飲みます。一日2リットルが理想ですが、まず1.5リットル飲むことから始めてください。体を作る水なので、ミネラルウォーターか、必ず浄水された水道水をがぶがぶ飲んでください。

最低でも、朝昼晩の食事前にコップ一杯の水を飲み干してください。食事の30分前やと更に効果的です。これは食べすぎを防止し、胃腸をキレイに掃除(宿便だけでも体に2~5キロあると言われている)します。 水を飲む習慣をつけ、新陳代謝をあげていくのです。

美味しく安全なお水をお届け~活水器「蝶々」~

美肌・健康・ダイエット効果一日水2Lの飲み方
美肌・ダイエットに活水器”蝶々”で美味しくて安全な水を

ダイエット・美肌の基本は水。 活水器蝶々は独身時代から使っています。活水器ちょうちょは、サロンをしてたときお客さんがほしいって言うので、紹介していました。「ちょうちょ」の形をしていて、水道の蛇口にはめて水を綺麗に美味しくします。半永久的に使えて、レフィルなどの交換不要が嬉しい。私はアレルギー体質なので特に水には敏感です。シャワーにつけたら髪や肌にいい水に変わる。食器を洗うのも汚れがよく落ちるし、洗濯の水に使うと衣類がふんわり洗えてソフナーいらず。世界的に見て日本の水道水は、安全基準が低く、また個人の自宅へと運ばれる配水管は何年も掃除されていないことが多く、雑菌・微生物・カビなどが住み着いています。綺麗な安全な水を飲むためには必ず浄水器がいるわけです。

 三菱レイヨン・クリンスイ 浄水器 クリンスイモノ 101 【13+2物質除去】 MD101-CR

私昔はずっとAMWAYの浄水器を使ってた。でも毎年レフィルが5万円かかるので途中でやめました。そこから活水器の蝶々と併用してトレビーノを使ってた。しかし、三菱レイヨンのクリンスイを調べて、専門家に聞くと、水道水特有のカルキのにおいや、自宅の配水管からのカビや雑菌など13種類以上を除去してくれるってことで、4~5年前からクリンスイにしてます。取り付けも簡単。カートリッジ交換も簡単で安い。むちゃくちゃ美味しくて、体にいい水を飲んでます。

「水」ひとつで、健康になりダイエットへもつながります。もちろん肌の輝きは、綺麗な水が作るのです。私たち人間は外からも中からも水を必要としています。毎日必要なその水をもう一度見直してください。

*水を1日2リットル飲めるようになったら、ウォーキング30分からスタート10キロ以上のダイエットが必要な人は30分から徐々に2時間へと増やしてください。一日2時間のウォーキング(正しい姿勢で「早歩き}の速度で)を1ヶ月すると、3~8キロくらいは痩せます。ウォーキングの前後で500ミリリットルの水が飲む。半身浴の前にも500ミリリットルの水を飲む。食事前にも300~500ミリリットルの水を飲む。というような習慣をつけてください。

ダイエット基本知識カロリーを気にする

*水を飲む習慣がついたら、摂取カロリーと消費カロリーを気にしていきましょう。

食事のカロリー表

タニタ消費カロリー表

私のように専業主婦の摂取カロリーは、一日1700キロカロリー程度に抑えてください。特にスポーツを定期的に行わない場合は、この程度に抑えていないと太ります。でも、この1700キロカロリーの全部を消費する必要はないんです。普通の日常生活(寝る・食べる・家事をする。。。)だけで、1400キロカロリーは勝手に消費しています。(←良かったねぇ )

残りの300キロカロリーを体を動かして消費する努力するわけです。

ダイエットの基本知識を抑えたら、簡単なエクササイズと一緒に続けていくこと。

下半身ダイエットに成功する方法を記事内でどんどん紹介していきます。

 

効果のあった美脚商品はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ