冷え性改善が実は下半身ダイエット法だった

冷え性改善へ向けてあらゆる努力をしていますか?

日本人は冷え性の人が多いと言われています。それは、西洋医学では冷え性を、病気としてとらえないからです。もちろん外国人でも女性は冷えを感じている人がいます。私のスペイン人の友達もひどい冷え性だといっていたので、冷え性改善法を教えてあげました。東洋医学では冷え性は第二の病気を引き起こすなどいわれ、漢方療法などあるほどです。でも、真剣に冷え性を治す努力をしていますか?冷え性が治ると、自然と悩んでいる下半身は細くなってきます。そう、冷え性改善が下半身ダイエット法だからです。

冷え性改善へ原因を探る

私も過去はひどい冷え性でした。夏の電車やバスでは冷房が大の苦手で、足の先から手の指先、顔やお腹まで全身冷蔵庫に入れられたくらいの冷えでした。特に夏の美容室は恐怖で、髪の毛が塗れたまま放置されると、「すいませ~ん。ひざかけもう一枚ください。」と言い、ガタガタ震え、次の日には風邪を引いてしまうほどの症状でした。「手が冷たい人は心が温かい」なんて、関係ありません。冷え性を治してください。

私が冷え性を感じたのは、25キロダイエットの中間地点で、10キロ痩せたころです。今まで脂肪で包まれていた体はびっくりしたでしょうね。デブで暑がりだった私は、突然痩せて寒がりの人になってしまいました。これに気がついて、途中で冷え性改善の本を沢山読んで勉強しはじめました。10キロダイエットに成功したころに落ちた体重は上半身から。脚は少し痩せたけど、おっぱいがな~い!これからあと10キロどういうダイエットをしていくか計画を立ててまずは冷え性改善させることに集中しました。

冷え性改善と下半身ダイエットを同時進行

・ウォーキングを一日最低30分
・縄跳び15分
・脚のマッサージ
・脚のマッサージ器
・髪を乾かすついでにお腹にヘヤードライヤーをあてる
・湯たんぽで足やお腹を温めてねる
・寝る前の10分ストレッチ
・白い食べ物をやめる(白米→玄米 白砂糖→黒砂糖など)
・小麦粉の食べ物をなるべく食べない
・食品添加物や着色料の入っている物は食べない
・甘いもの・お菓子・ジャンクフードをやめる
・半身欲でぬるい40度くらいのお風呂に30分くらいつかる。湯船に精油5滴くらいいれる(シャワーだけは駄目)
・お風呂上りに脚に冷水をかける
・足湯は42~3度の熱いお湯で、冷え性に効く精油ブラックペッパー・ローズマリー・マージョラムなどを2~3滴垂らす(手浴でもいい)
・炭酸水を温めて足をつけるとかなり効果的。
・夏でも冷たいものを食べたり飲んだりしない
・湯船にすったしょうがを入れたり、生姜湯を飲んだりする
・自律神経訓練法をする (瞑想のような感じでリラックスし、「右足が熱い、右足が火山のマグマに浸かっている」など想像するとどんどん温かくなってっくる)
・南国で育ったトロピカルフルーツは体を冷やすので食べ過ぎない
・乳製品をなるべく取らない

特に脚のマッサージが大切です。マッサージをすることによって、血行を良くし足の先から温かくなる感覚があります。お風呂上りにオイルマッサージした後、脚のマッサージ器を行うとより効果的です。40度くらいの温かさで足をあたためながらマッサージてくれる、レッグリフレは冷え性改善の強い味方です。

冷え性改善する努力をしたら痩せていた

体が温まってくると、代謝もどんどん上がっていくので、結局はダイエットにつながっていました。昔日本が裕福ではなかった時代、ジャンクフードもないし食品添加物のような体に悪い食べ物も存在せず、冷え性やダイエットに悩む人はいなかったでしょう。交通機関も発達していなかったので、人はよく歩いていました。そんな時代にタイムスリップすると、冷え性改善・下半身ダイエットに成功すると思います。

私の愛読書の自己催眠ダイエットの本がありますが、その中でも、「人間は原始時代の遺伝子を今でも持っているために、食べれない日のために、脂肪をためておくからだの仕組みがある」と言っています。つまり現代人全体が、運動不足で食べ過ぎなんです。一日30品目を目指したり、バランスよく食べることだけに集中すると、つい食べ過ぎます。自分の運動量に合った食生活をし、本当に体によいものだけを口に入れる。栄養素で足りないものはサプリメントで補う生活を送っていると、自然と下半身ダイエットに成功し、冷え性改善できます。そして健康でアンチエイジングな毎日が送れます。

効果のあった美脚商品

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット成功へ
にほんブログ村ダイエット成功ランキングをぽちっとお願いします。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ