産後ダイエット骨盤ベルト大成功 自然分娩のママが結果を出す方法は?

産後ダイエット骨盤ベルトで大成功。一人目を帝王切開で出産し、半年全く痩せなかったのに、トコちゃんベルトで8キロ一気に痩せました。しかも一ヶ月で。

産後ダイエット帝王切開と自然分娩の違い

ところが、帝王切開と自然分娩の出産って赤ちゃんが出てくる場所が違うでしょ?自然分娩だと、余計に骨盤が開くという話もあります。次男の産後、長男と同じように産後半年くらいからトコちゃんベルトをはじめましたが、これが思うように痩せない。1ヶ月で3キロしか痩せなかった。しかも二人目は妊娠中に15キロも太った(2人目は太りやすいんよね。長男の時は10キロ増やったのに)元の体重に戻らない。二人の子育てでつい、トコちゃんベルトをつけるのを忘れてしまう。私の場合は、年中雨や強風のイギリスに移住してしまって、家からほとんど出ない毎日を過ごし、なかなか元に戻りません。

産後ダイエットがなかなか上手くいかないのは、2人目以降。しかも自然分娩のママはなかなか体重が戻りにくいといいます。確かに私もそうだ。

産後ダイエット自然分娩ママのここが辛い

一人目の産後のダイエットがあんなに簡単で大成功した私。二人目産後が全然痩せなくって、ママとも達に聞きまくった。

骨盤が開きすぎてたり、O脚がひどい人が、スリムクッションプラスで楽に、骨盤が閉まって下半身が痩せたと。前回の例があるし、同じ商品を使わないとと思い、スリムクッションプラスを買って使いはじめた。はじめは座るのもおしりが痛くて嫌いだった。凄く骨盤がゆがんでたみたい。だって、自然分娩だったもん。一日5分でOKだけど、毎日の習慣にするまで4~5ヶ月かかった。スリムクッションプラスのレビューを見直して、やっとやる気になってん。やっぱりお腹のぶよぶよがすっきりして、O脚も改善されてきた。これは毎日座らないとあかんわ。効果が出ない人は→使ってない人。

長男の産後に履いていたジーンズがまだ入らないので、腹筋はじめました。一日8分だけの腹筋エクササイズの動画

どうやら、2人目以降の産後ダイエットはちょっと努力をしないと、骨盤が元に戻らないようです。しかも、帝王切開のママに比べて、自然分娩のママは少し痩せにくい傾向があるようですが、めげずに頑張るよ!

産後ダイエット効果が出た方法とは

私がやっと、二人目もダイエットに成功しつつある方法は、スリムクッションやトコちゃんベルトの力を借りて、骨盤の歪みをなおすことと、5:2ダイエットの週二回500キロカロリーに抑えるために、グリーンベリースムージーを飲んでいます。1食87キロカロリーなので、朝はこれだけ。昼と夜は囚人料理のような素朴なもので栄養素の高い食事をしています。週5回は普通の食事ができるので、ストレスなくダイエットが続けられます。私は食事制限などのダイエットは嫌いだし、あまり良くないと思っていますが、5:2ダイエットは、週2回カロリーを抑えることで、胃腸が綺麗になって、逆に健康的なダイエットだと言われています。簡単ミキサーいらず】話題のグリーンスムージーで-10kgを目指す

5:2ダイエットは私が今住んでるイギリス発信でね、ヨーロッパでは現在5:2ダイエットが大ブーム。特に産後のママが結果を出しています。

産後ダイエット骨盤ベルト大成功 自然分娩のママが結果を出す方法は?

ダイエットの基本中の基本だけど、太っている人は、消費カロリーに対して、摂取カロリーが多すぎる。私のような専業主婦は、一日の摂取カロリーは1700キロカロリー程度で抑えないといけない。例えばカツどんなどのどんぶりものをお昼に食べるんだったら、朝昼は400キロカロリー(ご飯一膳100キロカロリー)程度に抑えないといけません。専業主婦でなくても、仕事を持っていて全くスポーツをしていないママも2000キロカロリー食べていたら食べすぎです。それをふまえ、私は週5回はカロリーは気にしないで好きなものを食べ、週2回は一日500キロカロリーに抑えるという、ストレスなしのダイエットをやっています。ただ、カロリーを抑えるのは難しいので、グリーンベリースムージを取り入れているのです。しかも、グリーンベリースムージーって、沢山の野菜やフルーツの成分が入っているので、美容効果も同時に得られます。私の場合は妊娠出産でできたシミが薄くなってきました。シミにはビタミンCやEの摂取が必要。このグリーンベリースムージには、普段の食事では取れないくらい、沢山のビタミンが含まれています。

5:2ダイエット英語説明動画

効果のあった美脚商品

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット成功へ
にほんブログ村ダイエット成功ランキングをぽちっとお願いします。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ